スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
趣味の○芸にも後押しされて…(21日追記)
リンゴとアリス
マンゴーの種を植えてみました。
状態がよければ、結構簡単に芽が出るそうです。楽しみ
…しかし、欲(数年後の収穫!)に目がくらみ、奴が漆科の植物だと言う事を忘れないようにしなければ。

あ、別に、果樹園経営の予定はありませんよ?
★☆★☆★☆★☆★☆★☆



芽を出すまでは簡単なので、皆様是非ご一緒に!

マンゴーの種。
殻を剥いて、中身だけを植えます。
ちなみに↓コレは、写真を撮る為にタワシでがしがし擦って、タオルドライ済み。
外側は捨ててしまうので、こんなに綺麗にする必要はありません。
種植えから巣立ちの頃まで (1)

中身を傷つけないように解体。
クロネは、カニの殻も切れるキッチンバサミで、横の薄い部分を切って開いてます。
種植えから巣立ちの頃まで (2)

薄皮まで剥いたところ。
冷蔵庫に数日入れていた所為で、ちょっと状態が宜しくないっぽい…
芽と根が出る準備は万端なので、とりあえず植えてみます。
種植えから巣立ちの頃まで (3)

芽が出るまでの仮住まい。前日に植えたのの横に一緒においてみる。
<出来るだけ栄養の少ない土に植えると良い>らしいので、も、いっそのことと保水力の高い水ゴケを利用してみました。
横にして置いて、こんな風に腹を覗かせておくと、2~4日するとそこが光合成を始めます(写真右上)
種植えから巣立ちの頃まで (4)

最初に植えたのは、芽が出ました。
植えて約1週間。
もう少しちゃんと葉が開いてから、土に植え替える予定です。
完熟マンゴー(not 宮崎産)の種な所為か、参考にしたサイトさんに書いてあったのより随分成長が早いのです。てか、種がもの凄く光合成をしてる!緑!
種植えから巣立ちの頃まで


マンゴーは漆科の植物なので、アレルギーにお気をつけ下さい。
あと、うっかり丈夫に育った場合、鉢植えでも最初の1年で1㍍超える可能性もあります。
詳しい事は、目の前の箱で調べてください。クロネもそれで調べながら頑張ります(頑張るのは主にマンゴーの方)。
それでは、素敵なキッチングリーンライフを☆
【2008/07/18 22:16】 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<久々 | ホーム | ぶっちゃけてみる>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。