スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お買物に行ってきました
父親が福岡市内に用事があるというので、ついでに連れて行ってもらいました。
別に何の目的もないけど…と、ふらり、といつもの調子で〇善(本屋)の催事場を覗いてみたらボタニカルアートの展示会が!
実物をじっくり見た事がなかったので、寄ってきました~。
で。

久々! (3)

眺めていたら面白いもの見つけたので、我慢できずに数点お持ち帰り orz
ガラスケースの中で一番安かったセミ古書(古書と断言できるほど古くもない・笑)と、本をバラシタものです。
★☆★☆★☆



…ここ数日、荒〇宏センセ著書の、ボタニカルアートの読み解き方の本を読んでいたのが悪かった。
何か、ぐわ~っと来ました。


久々! (5)
植物モチーフなら、一般的に人気の高いバラ(比例して値段も高い)よりも、断然、トケイソウのが好き!
もし自分で買うなら、クレマチス系か、ラン系か、チューリップがいいな、と漠然と思いながら安いののコーナーを漁っていたら、これが1枚だけあったので、ちょっと運命を感じてしまいました。
色味が少なくて地味な印象ですが、蔓植物ならではの躍動感と、不思議な花姿が何とも言えません。

久々! (4)
本は、
「折角なら、植物や動物のものではなく、海洋生物だけを書いた本があれば何でもいいから拝見したい」
と変なこと尋ねて、出してもらったもの。
一冊だけ、たまたま持ってきてあったのだそうで。
こういう展示会では人気がないらしいです(そうだろうよ)。
上品な奥様・お嬢様方が額入りのブーケの如き花々の可憐かつ高価な作品や、アンティークの美麗本を熱心にご覧になっている横で、ゴカイだのポリープだの貝だのに笑顔を浮かべるクロネさんは、さぞ異様だったであろう.…と(笑)。
でもでもボタニカルアートって、アートとは言うものの、図鑑の挿絵で解体拡大図付き、ってのが面白いンではないですか!


トケイソウのは、額に入れてどこかに飾りたいと思います。
本は、時間があるときに、パソの翻訳機能でも使いながら…
今日は、人形達へのお土産はナシです。
【2009/01/18 19:40】 日記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<トラとかパンダとか | ホーム | 日記ではなく週記になりつつ…>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。