スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
職人の気持ちになって経緯を想像するお菓子
昨日、ばぁサマにお土産買っていったお店にあったシューラスク。
見た目通り、普通にシュークリームの皮でした…って、もしかして、2度焼きしてあるのかもです。一晩経ってもちゃんとカシュカシュしてました(←パリサクよりソフトな食感)。クロネ好み。

IMG_0833.jpg

ママンと食べながら、シューラスクを考案した時の菓子職人の気持ちを考えてみました。

『あと何個あるんだよ、クリーム詰めるの面度癖ぇ!』

あるいは、

『やべ、焼きすぎてタヌキ色ww』

あとは、
落として割った(売り物になる個数を割)とか、
掴んだときに指が埋もった(売り物になる個数に埋)とか、
クリームが足りなくなった(目算を誤った)とか、
前の日の残りをケーキの飾りに使うだけでは対処しきれなくなった(だだ余り…)とか、
シュークリームの皮が好きだ(タイ焼きのあん抜きとかのノリで)とか。

父親に聞いたところ、普通に作りすぎたのが発端ではないか、との応えが返ってきました。

ところで。シュークリームの皮って、おいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
製菓コーナーで売ってるのはそこそこイイお値段ですよね。材料はチョビッとだけど、焼くのに時間がかかるからなぁ…業務用のオーブンならそうかからないのかなぁ…
【2011/06/13 20:22】 お菓子アレコレ | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<雨女疑惑ふたたび | ホーム | 雨降り>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。